エコアクション21

認証・登録番号 0004545
認証・登録日 2010年1月25日
認証・登録事業所 株式会社 松元組
審査登録機関 財団法人 地球環境戦略研究機関
認証・登録の
対象活動範囲
特定建設業(建築、 とび・土工、鋼構造物)
一般建設業(大工、屋根、タイル れんが ブロック、塗装、防水、内装仕上)



 
エコアクション21とは
エコアクション21とは、環境省が推奨している、中小企業を主な対象としISO14001をベースとして構成された、取り組みやすい環境経営システムの一手法です。認証・登録に関する費用はISO14001に比べ5分の1〜10分の1程度です。

 
特長
○中小企業等でも容易に取り組める環境経営システムです(環境マネジメントシステム)
中小事業者等の環境への取組を促進するとともに、その取組を効果的・効率的に実施するため、国際標準化機構のISO14001規格をベースとしつつ、中小事業者でも取組みやすい環境経営システムのあり方をガイドラインとして規定しています。

○必要な環境への取組を規定しています(環境パフォーマンス評価)
エコアクション21では、必ず把握すべき項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び総排水量を規定しています。
さらに、必ず取り組んでいただく行動として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル及び節水の取組を規定しています。これらの取組は、環境経営に当たっての必須の要件です。

○環境コミュニケーションにも取り組んでいただきます(環境報告)
事業者が環境への取組状況等を公表する環境コミュニケーションは、社会のニーズであるとともに、自らの環境活動を推進し、さらには社会からの信頼を得るための必要不可欠の要素となっています。
そこで、環境活動レポートの作成と公表を必須の要素として規定しています。

 
構成

エコアクション21は上の4つのパートにより構成されています。
この4つのパートにそって取り組むことにより、幅広い事業者が効率的にシステムを構築することができ、環境に関する取組の現状把握から、目的・目標の設定、管理、改善に至るまでの総合的な運用を図ることができます。

 
取り組む事へのメリット
環境経営システムと環境への取組、環境報告の3要素がひとつに統合されたガイドラインであることから、環境への取組を総合的に進めることができ、また比較的容易、かつ効率的に取り組むことができます。
環境経営システムを構築・運用することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等、経営的にも効果をあげることができます。
環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、利害関係者(取引先や一般消費者等)に対しての信頼性が向上します。
また、大手企業が環境への取組や環境経営システムの構築を取引先の条件の一つとする、サプライチェーンのグリーン化に対応することができます。